リウマチ初期症状

血液検査(自己抗体・リウマトイド因子)

ポイント

●診断を確定するために重要な自己抗体検査
●関節リウマチでは「リウマイド因子」を調べる
●より精度が高い「抗CCP抗体検査」が保険適用になる

リウマイド因子の検査

●リウマチ反応は重要な診断基準

リウマトイド因子関節リウマチは、免疫の働きに異常がみられる病気です。そこで、異常を起こすもとになる自己抗体(自分の成分に反応する抗体)の有無や種類、量を血液から調べます。
自己抗体にはいくつもの種類があり、病気によってあらわれやすい抗体には違いがありますが、関節リウマチの場合は「リウマトイド因子」を調べます。検査は、リウマトイド因子があるかどうかの反応(陽性反応)をみるものなので、「リウマチ反応」とも呼ばれます。リウマトイド因子をはかる方法はいくつかありますが、RAテストが一般的です。RAテストの数値が20以上になると陽性とされます。
自己抗体検査は、病名を確定するために重要です。しかし、関節リウマチの早期では50%の人しかリウマチ反応が陽性にならず、すべての経過を通してみても、陽性になる人は70~80%です。つまり、関節リウマチであっても陰性の場合があるため、これだけでは関節リウマチと確定できません。

●陽性でもリウマチとは限らない

またリウマトイド因子は、関節リウマチではなくても陽性になることがあります。膠原病では、全身性エリテマトーデスの人の約20~30%は陽性になるとされますし、シェーグレン症候群では70%の人が陽性になるという報告もあります。
膠原病以外の病気でも、肝硬変や結核があると陽性になることがあります。また健康な人でも、若い人で2~4%が、60才以上になると10~20%が陽性になります。

●病気の活動性と連動

ただし、リウマトイド因子の値と、関節リウマチの活動性には、ある程度の連動性があります。リウマチ反応が陽性で、その値が高い人ほど病気の期間が良く、関節の破壊も進む傾向があります。また、リウマチ結節や胸膜炎、肺線維症など、関節以外の症状も多くみられます。

抗CCP抗体検査について

抗CCP抗体検査最近、リウマトイド因子検査より精度の高い検査法が登場しました。「抗CCP抗体検査」です。抗CCP抗体は、炎症を起こした滑膜にあるシトルリン化たんばくというたんぱく質に対する自己抗体で、関節リウマチの人の70~80%がこの抗体をもっているとされます。また、ほかの関節炎では陽性になる率が非常に低く、関節リウマチだけにみつかる自己抗体でもあります。
この抗体検査を行えば、関節リウマチがまだ発症していない早期や、関節のはれが少ない、リウマトイド因子は陰性だが関節リウマチの可能性が高い、といったむずかしいケースの診断が可能になります。2007年から保険が適用になったことで、今後は広く利用されるようになると思われます。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ