リウマチ初期症状

関節リウマチのリハビリ(装具療法)
ポイント

●装具は、つけること自体が治療になる
●外出時には、より負担がかかるので、装着する
●装具に頼りすぎず、自分の筋肉で関節を守れるようにする

関節リウマチの装具

関節リウマチの装具は、つけること自体が治療になるもので、手指の関節固定用スプリント(副子)、サポーター、腰椎コルセット、頸椎カラー、足底板、ひざ関節用装具などがあります。装具を使う目的としては、

・関節を固定して痛みをやわらげる
・患部を安静に保ち炎症をしずめる
・関節にかかる負担を軽くする
・関節の変形の予防と矯正する

関節リウマチの装具といったものがあります。ただし装具は根気よく装着しなければ効果は得られません。外出の際に人目を気にして、外してしまう人がいますが、外出時のほうが関節にかかる負担は大きくなりますので、必ずつけるようにしてください。
また装具は、病気が進んだときに、それをカバーするためのものと考える人がいますが、機能障害がひどくならないための予防として使うことに意味があります。医師からすすめられたら、積極的につけるようにしてください。
装具には、さまざまな種類がありますが、医師や作業療法士と相談しながら、自分に合ったものをオーダーメイドでつくります。
なお装具は、つけると楽なため、頼りすぎてしまうことがあります。特に、ひざ関節用装具や腰椎コルセットは長期間つけると、かえって筋力低下をまねくことがあります。痛みや炎症が治まったら装具を外し、リウマチ体操や筋力強化リハビリをして、自分の筋肉で関節を守るようにすることも大切です。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ